クリーピー偽りの隣人

監督:黒沢清

主演:西島秀俊、竹内結子、香川照之

こういう系の邦画は大概失敗すると思いつつ、いかにもサスペンスチックなパッケージとネーミングに惹かれ、見ました。

ストーリー

オープニングに西島秀俊演じる、犯罪心理学者の高倉、サイコパスの犯人との交渉中に自分が負傷、犯人も射殺されたという小ストーリー、本編とさほど関係ないが、映画としてよくある技法を使いました。普通は主人公がいかにすごいかを表現すると思うが、ここでは高倉がボンクラだったとしか分かりません。

この一件で警察をやめて、大学で教鞭を取ることになる高倉、家も引っ越して妻の康子(竹内結子)と新生活。隣人の西野(香川照之)という男は見るからに変、今でいう発達障害っぽい感じ。高倉がひょんなことで気になりだした6年前の一家失踪事件、残された同時中学生の娘の証言が唯一の手がかり。高倉がその娘を訪ねて失踪した一家のことを捜査しはじめた。すると一緒に捜査する警察の野上(東出昌大)が一家の隣人の家で、隣人一家と失踪した一家全員の屍体が見つかった。同時に高倉と隣人の西野のいざこざがあったり、妻の康子が西野に妙な言いがかりされたり、関係が複雑になっていました。

高倉が野上に頼んで、隣人の西野を調べてもらうことに。野上が西野家を訪ねたら、殺される。ここから一変、西野の連続殺人鬼のサイコパスである真相が明らかに。同居する自称娘や奥さんも他人、住んでいる家も殺した人の家を乗っ取ったもの。高倉が西野の異常さに気づき乗り込むが、妻の康子はすでにコントロールされる状態になりました。高倉夫婦共に薬でコントロールされ、全員で逃げることになるが、最後に高倉が西野を射殺、終了。

総評

なんだろう、この時間の無駄感。全編を通して作り手の迷いを感じるのです。ホラーにするのかな、サスペンスにするのかなって。サスペンスにしては圧倒的にロジックが足りない。どうやって高倉が犯人の心理分析をして、どうやって西野の異常さに気づいて、どうやって核心にせまったかが不明。サイコパスの連続殺人は犯罪パターンからプロファイリングすることが一般ですが、そういったアプローチは全くありません。多くの言葉や説明がなく、視聴者の推理に任せているのはサスペンスとして不十分ですね。視聴者の連想や妄想でクリーピーさを作り出すのはホラー作品になってしまう。ホラー作品にしては思いっきりの場面が足りません。薬を注入して人はすぐ眠るし、殺人と屍体処理の場面で血がないし、作り手の努力が足りませんね。これではきれいな俳優、女優を守りたいだけ、クリーピーというなら蝿を食べるとか、屍体を分解するとか、いろいろやりようがあるでしょう。まあ、2時間長々と彷徨った作品になりました。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク