幸せのレシピ/No Reservations

監督:スコット・ヒックス

主演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート

2007年に製作、公開されたアメリカ映画です。

マンハッタンのレストランで料理長を勤めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)はとても厳格な性格で、何事も完璧主義です。その厳しさからプライベートは充実していなく、人から好かれません。ケイトの姉夫婦が不慮の事故で亡くなり、残された一人娘のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)がケイトと一緒に生活することになりました。いきなり育児を余儀なくさせられたケイトはゾーイの世話などで奮闘するようになり、何よりも精神的にどう交流を持ったらいいか分かりません。忙しくなったケイトの代わりに新しくレストランに入ってきたニック(アーロン・エッカート)はケイトと正反対、とても明るい性格で、周りの人に好かれるタイプです。ケイトは最初からニックのことを毛嫌いするが、徐々にその優しさと誠実さと料理の腕前に惹かれるようになりました。ニックもゾーイの世話を手伝ったり、二人は徐々に親密になりました。付き合うようになり、幸せのはずだが、ニックが料理長にならないかとレストランから誘われたことで、ケイトの誤解を招いて二人に危機が訪れます。プライドの高いケイトは自分にとって重要なことを見つめ直し、最後はやっと素直にニックと向き合うことができました。

いかにもプライドが高い女性ケイト、どんなに技術が高くても、人から好かれないと幸せではないなとヒシヒシと伝わりました。もちろん美人で背筋がビシッとしているキャサリン・ゼタ=ジョーンズですから、とても似合う役でした。ニックを演じたアーロン・エッカートも正統派イケメンではないものの、自然な笑顔で役柄の優しさと誠実さがよく伝わりました。なんとなく好かない、自分より劣ると思ってしまう男かもしれないけど、実際付き合った時は思いやりと優しさが最も重要だなと女性目線の筆者は思いました。女性に送りたいハッピーエンドなラブストーリーです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク