ハミングバード/Hummingbird

監督:スティーヴン・ナイト

主演:ジェイソン・ステイサム、アガタ・ブゼク

2013年製作のイギリス映画です。

ストーリー

かつて特殊部隊に所属していた戦士のジョセフ(ジェイソン・ステイサム)はアフガニスタンの戦場で目の前で隊員の仲間5人が殺されてしまい、その復讐のために民間人を5人殺害してしました。イギリスに戻ったジョセフは軍法違反の罪で、軍の制裁から逃亡する。ジョセフは生きる気力がなく、ホームレスとして街を彷徨う。唯一の心の拠り所は同じホームレスの少女でした。ある日ジョセフはギャングにぼろぼろに殴られ、逃げることができましたが、友達の少女がギャングに捕まってしまいました。ジョセフが逃げた先で偶然入った高級アパートの住人は半年間海外に行くことが分かったので、しばらくの間そのアパートに住み着き、人間らしい生活を取り戻す。ギャングに拉致された少女はドラッグ漬けにされ、売春をさせられる。ジョセフはギャングの裏金回収の暴力的な仕事をしながら、少女の行方を探し続ける。ホームレスの時からジョセフを時々助けていた教会のシスター・クリスティーナに淡い恋心を抱くが、ジョセフは自分の過去と現在に苦しみ、二人はどこにも進行することができない。ジョセフは探していた少女が惨殺されたことを知り、ギャングの売春宿を糸口に少女を殺害した犯人を見つけ出し、復讐する。しばらく人間らしい生活をするも、これ以上は限界だと感じ、生きる意味を失ったジョセフは街を彷徨い、わざと軍の無人探査機ハミングバードに見つかる。

筆者の感想

ジェイソン・ステイサムのありがちな痛快アクションとは一味も二味も違う、とても暗い作品です。やはりイギリス映画らしく、映像もストーリーも暗くて切なくて、どうにもならないものが多い気がします。社会の暗黒な部分をむきだしにすると共に、人間の心も荒んでいく物語です。お金を手に入れ、高級スーツを身に纏うジョセフはシスタークリスティーナとデートする時も、話の内容はあんまりに暗くて未来が見えない。クリスティーナは善の心でジョセフに改心してもらおうとするが、何が本当の正義なのか考えさせられます。ジェイソン・ステイサムの最も暗い映画かもしれません。これはこれで新たな一面が見られません。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク