スポットライト 世紀のスクープ/Spotlight

監督:トム・マッカーシー

主演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス 他

2015年公開のアメリカの犯罪・ドラマ映画です。

2001年、マサチューセッツ州ボストンの新聞紙「ボストン・グローブ」に新しい編集長マーティ・バロンが就任し、本誌のスクープ担当チーム「スポットライト」に、カトリック教会の神父による児童性虐待のスクープを持ちかける。当時のアメリカではカトリック教会が世間と民衆の世論を牛耳る大変なパワーを持っていました。チームの主力メンバーであるマイク(マーク・ラファロ)が率いるメンバー達が熱心に取材を行い、この世紀のスクープを世に送り出そうと動きます。そのために様々な憚りがあり、被害者はカトリック教会の熱心な信者であることと幼かったことで告白する勇気がないことや、教会の幹部が新聞社への圧力、教会の担当弁護士の反発などがありました。スポットライトのメンバー達は被害者への取材や被害者のために告訴を頑張る弁護士ミッチェルの苦悩と努力を知り、正義感とジャーナリストとしてのプライドをかけて、カトリック教会と戦います。

本作は事実に基づいたストーリーをベースに、ドキュメンタリーチックに製作されたものですが、ただのドキュメンタリーにならなかったのはやはり俳優達による人物像が鮮明だったからだと思います。マーク・ラファロが演じるマイクは正義感が強く、情熱的なジャーナリストは他の作品でもよく見られるキャラクター、ややうんざりと思う人もいるかもしれません。同じように情熱と正義感で人を動かすミッチェルのほうが、爆発的な情熱ではなく内に秘めたものを熱演しました。新編集長を演じたリーヴ・シュレイバーは口数は少ないが、決して権力に屈することのない正義を演じました。真実を忠実に作成した本作は非常に評価が高かったのも分かるが、映画作品としては人物のキャラクターを楽しむのもいいかもしれません。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク