リピーテッド/ Before I Go to Sleep

監督:ローワン・ジョフィ

主演:ニコール・キッドマン、コリン・ファース

2014年に製作のサスペンス作品です。

クリスティーナ(ニコール・キッドマン)は朝目覚めたら、そこには見覚えのない部屋と男性がいます。状況を掴めないクリスティーナに、男性のベン(コリン・ファース)が、クリスティーナは車事故の後遺症で毎日記憶がリセットされる、自分はクリスティーナの夫で結婚10年以上だと説明する。そして、自分とクリスティーナとの写真を見せ、信じさせる。二人はベンの説明通りに朝の時間を過ごし、ベンは仕事に出かけていきました。そこに、クリスティーナにナッシュと名乗る男から電話が来て、自分が数週間前からクリスティーナの主治医になったと説明し、クリスティーナ自身による映像日記の存在を教える。クリスティーナはそのビデオ映像を見つけ、自分が事故ではなく、何者かに襲われて記憶障害になったことを知る。ですが、次の日起きたらまた同じようなことが繰り返される。フラッシュバックの記憶で自分には息子がいることを思い出したが、ベンは息子のアダムは死んだと説明する。そして親友のクレアに会いたいと言うと、ベンは激しく反対する。自分の映像日記に頼って、毎日のことを覚えようとクリスティーナは生活中の違和感を覚え、ベンとの写真などが偽造されていることに気づく。そして、なんとかクレアと会うことが実現できましたクリスティーナは、クレアから夫のベンはずっとクリスティーナの症状に悩み、離婚を選んだことを知る。そして、ベンの写真を見たクリスティーナは自分が共に生活している男はベンではないことを知る。自分を襲った犯人を思い出したクリスティーナは命がけで対峙します。

冒頭から暗くて静かな雰囲気の映画、ニコール・キッドマンの白い肌と大きい瞳は不気味で怖い雰囲気を醸し出して、そこにコリン・ファースの落ち着いているがよく響く声がまた戦慄さを増す。名優達の好演が際立つ作品です。最後まで展開が読めなくて、そしてきちんとオチがある映画です。有名なリドリー・スコットが製作しただけあって、見て後悔しない作品ですが、少し怖いので一人で見るのは避けたほうがいいかもしれません。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク