リービング・ラスベガス/Leaving Las Vegas

監督:マイク・フィギス

主演:ニコラス・ケイジ、エリザベス・シュー

1995年に製作されたアメリカ映画です。

ストーリー

ニコラス・ケイジ演じる主役のベンは妻と離婚したことで自暴自棄となり、アルコール依存症になりました。冒頭のリカーショップでお酒を端から端まで買い占めるシーンは既に彼の異常さが十分伝わります。ついにお酒におぼれ、友人や同僚にも愛想を尽かされて、仕事を失います。ベンは残ったお金を持ってラスベガスのモーテルに行き、好きなだけお酒を飲んで死ぬことを決めました。そんな退廃なラスベガスの街で、彼は娼婦のセーラに出会う。セーラもまた関わった人間や社会から暴力を受け続け、心に大きな闇を抱えながら生きています。そんな二人は激しく恋に落ちてゆくが、お互い変わることができない。ベンはアルコールに依存して、つねに泥酔状態、時に歩くこともままならない。セーラは生活のために娼婦を続けなければならない。そんな過去の闇まで抱えきれない、普通に愛し合うことができない二人はラスベガスの街の華やかさに反して、とても切ない。最後にベンはモーテルで息を引き取る。

総評

全編通して暗くて、切なくて、悲しい映画です。ダメ人間は決して再起することなく、とことん落ちてゆくのみです。二人は違うシチュエーションで出会ったら普通に恋愛していくことになるだろうか。たぶん違うシチュエーションだったら二人はお互い惹かれ合うことはないでしょう。そう考えずにはいられません。ニコラス・ケイジは今作でアカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ賞を受賞、それほどの凄まじい演技でした。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク