Love Letter

監督:岩井俊二

キャスト:中山美穂、柏原崇

Love Letterは筆者にとってかなり思い出深い作品です。1995年に公開された本作の美しい雪景色に魅了され、北海道へ憧れが止まらず、長い間住んでいました。オープニングで白い雪に白い空と中山美穂の白い息の透き通った映像が既に美しい。柏原崇演じる藤井樹が山の遭難で亡くなり、その三回忌に中山美穂演じるかつての彼女の渡邊のシーンでした。

渡邊は藤井の中学校時代の卒業アルバムを見る機会があり、そこに記された藤井の名前と住所はかつて住んでいた北海道小樽市でした。亡くなって3年の彼への思いが断ち切れないのか、もちろんそんなことは口に出さない奥ゆかしくて美しい女性の一面。なんとなくかつての彼の住所へ手紙を出してみたらなんと返事が帰ってきました。しかも手紙のやりとりの相手は彼と同姓同名の人。様々な思いを抱え、渡邊は小樽へ向かいました。そこで分かったことは、中学時代に藤井樹のクラスメイトに同姓同名の女の子がいた、そしてなんと彼女は渡邊と瓜二つなぐらいそっくりであること。昔の中学校に出歩いてみると、自分のことを藤井樹を間違われるので、二人の藤井樹のエピソードを聞くことができました。男の藤井は女の子の藤井に恋していたことが、残された図書カードで彼女の顔を描いたことなどで分かりました。その思いは女の子の藤井に伝わったことがなく、今の渡邊の胸を締め付けるだけでした。しかも、もしかしたら自分は彼女と顔が似ているから自分と付き合ったではないかと考えずにはいられませんでした。最後に雪山に向かって思いきって「お元気ですかー」「あたしは元気だよー」と叫ぶシーンは彼女の抱える様々な思い、愛した者を亡くした悲しみ、もう断ち切ろうという決意の表明など、実に複雑に絡み合っていると勝手に想像してしまいます。

とにかく映像が美しい。一つ一つのシーン、人物の動き、切り出せばショットムービーが成り立つ。ショットカットが似合いすぎる中山美穂はもちろん可愛くて、柏原崇も美少年、言葉数少ないわりに人物の性格もよく伝わったと思うし、伝わっていない部分はご想像に任せるということでしょう。答えが一つでない映画はいつも魅力的だと思います。

こうやって書いていると再度見たくなりました。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク