ザ・タウン/The Town

監督:ベン・アフレック

主演:ベン・アフレック、ジェレミー・レナー、レベッカ・ホール

ストーリー

舞台となるのはは強盗が多発するボストンの街、チャールズタウン、通称「ザ・タウン」。熟練した技を屈指した一件の銀行強盗から始まり、それが主人公のタグ(ベン・アフレック)、ジェム(ジェレミー・レナー)のグループ。彼らは防犯システムをサボタージュし、銀行の行員やお客さんを素早く支配して、銀行の支店長のクレア(レベッカ・ホール)に金庫を開けるように命じた。乱暴に指示を出すジェムに恐怖を覚えて震えるクレアに、冷静で優しい口調でタグが慰める。無事に強盗を果たした後、ジェムがクレアを人質に取り、安全を確認してから解放した。だが奪ったクレアの免許証で、彼女が同じチャールズタウンに住んでいることが分かり、ジェムが警戒し始める。暴力傾向のジェムを安心させるために、タグがクレアを尾行することにした。コインランドリーでふいのことで、話をし始めた二人。強盗事件でFBIに質問されたりと、ショックを受けたクレアが、もちろん強盗の本人だと分からずタグの優しさにだんだん惹かれて行く。

タグは昔アイスホッケーのプロチームに入ったほど優秀なスポーツマンだったが、暴力沙汰で除隊となり、プロのアイスホッケー選手の夢を諦めた。生まれ育ったチャールズタウンで、父親も強盗で刑務所送り、「家業」を継いだが、自分の人生をやり直したいと思っている。タグの親友で、かつてタグのために人を殺したジェムは人を痛めつける抵抗がなく、強盗や暴力に刺激を求めている。二人のグループはザ・タウンの裏の仕切り屋である「花屋さん」から情報をもらって、強盗を働く。銀行強盗の一件で、FBIがセキュリティシステムの細工からタグとジェムのグループに目をつけた。クレアとの仲がどんどん深まり、タグは人生をやり直すことを決意し、ザ・タウンを去ろうとする。しかし、犯罪以外に生きる道を見出せないジェムは次々と強盗の計画を持ってくる、「花屋さん」はかつてタグの母親を殺害して、父親を刑務所送りにしたことで、今もクレアの命をネタにタグを脅す。仕方なくタグはジェムと最後に野球場で大きな「仕事」をすることに承諾した。

FBIがクレアに接近して、強盗であるタグの正体をバラし、二人の仲が引き裂いて、また、ジェムの妹、ずっとタグに恋心を抱いていたクリスタにも接近し、タグ達の野球場強奪計画を聞き出す。野球場で売上金を順調に強奪したタグ達3人、逃げようとした時にFBIに囲まれ、決死の戦いをする。仲間の死と引き換えに、タグとジェムは警官に紛争して逃げることができたが、ジェムは逃げる途中でFBI捜査官に正体がバレてしまい、絶対に降伏しないため、射殺される。それを目撃したタグはザ・タウンに戻り、まず復習するため花屋さんを殺した。FBIはクレアを使ってタグを誘き出そうとしたが、既にタグに見破られて、タグは逃亡に成功した。

雑感いろいろ

最初から正義と悪が分かりきっていても、サスペンスとして展開が充実していて見応えが十分にありました。ストーリーをほぼ忘れた筆者はもう一回この作品を見たかったのも、この感想だけを覚えていたからでした。絵に書いたような不良から成長して真の悪人になったジェム、ザ・タウンで生まれ育ち、刑務所生活を経験すると、犯罪以外の生きる道を見出せません。社会現象であり、そういう人達の更生にはどうしたらいいのか、考えさせられる。ジェレミー・レナーがこの役にハマりすぎて、目つきや表情、悪人に染まりきっていました。一方で、ザ・タウンで生まれ育って、同じようにかわいそうな人生のタグ、冷静で優しくて、まるで善人のように感じるが、それももちろん善人ではありません。逸れた道を歩まされた人でしたが、罪を犯したからには普通の人のような普通の生活はやはりできない。逃亡してからも人目に隠れて生き続ける。生まれ育った環境とそれぞれの人生、生き方などを考えさせられる作品でした。演技ではそれほど感動を覚えなかったベン・アフレックだが、監督と脚本の才能は本当に素晴らしいと思います。女性もまた同じような人生で、ブレイク・ライブリー演じるクリスタ、その娘のシャイン(名の通りのキラキラネイム)、その環境ではもはや違う生き方を見出せないでしょうね。アバズレ感満載のブレイク・ライブリー、綺麗です。タグはクリスタに自分の母親を重ねるところはあっても、真に恋をするのは自分とは真逆の人生のクレアでした。それぞれの人物の立場に立ってみると、実に深みがある作品です。アクションの要素もあり、全体的に満足感が高かったです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク