恋人たちの予感/When Harry Met Sally

監督:ロブ・ライナー

主演:メグ・ライアン、ビリー・クリスタル

この作品は1989年公開と結構古いので、ご存知ない方も多いかもしれません。

1977年のシカゴ、大学を卒業したハリー(ビリー・クリスタル)とサリー(メグ・ライアン)はカーシェアしてニューヨークに向かうことになりました。ハリーの彼女がサリーの友達だっただけで、初対面だった二人は尽く衝突して、お互い最悪の印象でロードトリップが終りました。5年の月日が経ち、憧れのニューヨーク生活に馴染んだ二人は空港でばったり遭遇、飛行機で隣同士になりお互いの近況を知ることになる。ハリーはもうすぐ結婚することになり、昔より印象が落ち着いていて、サリーも恋人のジョンとラブラブな関係で絶好調。更に5年後、またも再会した二人、離婚寸前のハリーと恋人と破局したサリー、二人とも傷心のため、自然と友達のように意気投合しました。度々会うことになり、お互いの愚痴と失恋を話し合う二人の距離はどんどん近づくも付き合うまでは発展しない。お互いに友達を紹介しようとしても、結局二人が最も気が合うことを認識する。そして、サリーは元カレのジョンの結婚を知り、落ち込んで泣いてハリーに電話した夜、ハリーが慰めに来て、二人は男女の関係になってしまう。高揚するサリーと裏腹に、友達としか思っていないと言い張るハリーは困惑がありながら、付き合うことを拒否しようとする。二人の関係はぎくしゃくしてしまう。ニューイヤーズイブ、一人ぼっちで過ごす二人はこれまでに共に過ごした月日を思い出し、噛み締めながらお互いの大事さを再認識しました。

男女に友情は存在するのか、語り尽くせないテーマですね。だから見ても見ても味がある作品かもしれません。その状況その状況によっては、友情かもしれないし、本物の愛情かもしれません。筆者の女性目線から考えると、嫌いなやつじゃなければ大概友達として認識できるし、中でも例え生理的に受け付けないのも仕事や友達の付き合いだけなら特に問題を感じない。友達の広い範囲の中、異性として昇格できるのは実にほんの少しだと思います。本作のように、10年という長い時間が経ったから付き合えたかもしれません。10年前のままなら二人ともお互いに興味がないか、相容れない性格で発展はなかったでしょうね。女性は普段の付き合いからこの人は受け入れられると本能で分かると思うが、男性は何か非日常なことが起きないかぎり友達だと言い張って、自分の気持ちに気づけないのはなんででしょうね。儀式的なものを求めがちな気がします。しかし若きメグ・ライアンは本当にソバージュがとても似合っていて、天真爛漫な笑顔がとてもキュートでした。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク