エンド・オブ・ホワイトハウス/Olymplic has fallen

監督:アントワーン・フークア

主演:ジェラルト・バトラー、アーロン・エッカート 他

2013年公開のアメリカのアクションムービーです。

かつてシークレットサービスに勤めていた主人公のマイク(ジェラルト・バトラー)は冬の雪道事故で、大統領夫人が亡くなってしまったことで自責に追われ、シークレットサービスを去ります。約一年後の独立記念日の翌日に、韓国の大統領がホワイトハウスを訪問している最中に、動機不明の戦闘機がワシントン上空を飛行していることが判明。警備の飛行機が上空から退去するように警告しても飛行を続ける戦闘機は突然、警備飛行機とホワイトハウス周辺を無差別に襲撃する。警備に当たる軍用機によって、戦闘機は撃堕されるが、同時に観光客を装った多数のテロリスト達がホワイトハウスに向けて、自爆をしかけながら突進する。近辺を通りかかるマイクはホワイトハウスの危機を察知し、潜入します。人望の高いアメリカ大統領(アーロン・エッカート)は韓国の大統領一行と共にホワイトハウスの地下バンカーへ逃げ込む。外で激戦が繰り広げられ、無数のシークレットサービスが犠牲となり、ホワイトハウスが乗っ取られました。そして、韓国の大統領の保安を勤めるカンが自分の正体を明かし、大統領達を人質に取り、ホワイトハウスを内部から完全に制圧します。カンは大統領に、在韓軍艦の撤去を命令したが、真の目的は大統領しか動かすことができない核兵器を起動させることです。ホワイトハウスの内部に侵入したマイクの戦いにより、テロリストに反撃し、大統領の救出に成功しました。

Olympicはシークレットサービスのホワイトハウスを指す隠語です。激戦の途中、シークレットサービスが何度も“Olympic has fallen”をリピートしていたことで、鉄壁の要塞と言われているホワイトハウスの陥没の深刻さが伝わってきます。実際には大量のテロリストがあんなにホワイトハウスに近づくことも、大統領が白人であることも、マイク一人でテロリストに向かうこともかなり現実離れしていると思いますし、戦闘シーンもCGが多く使われていました。この作品は正義感と英知と勇気にあふれるヒーローの活躍物語として見ると面白いと思います。それでも最後のシーンなんか結構感動的で泣けてきます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク