8月の家族たち/August: Osage Country

監督:ジョン・ウェルズ

主演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ 他

ストーリー

ジュリア・ロバーツ演じる主人公のバーバラは父親の失踪をきっかけに、夫と娘と故郷の田舎へ帰ります。夫の浮気が原因で夫婦は離婚寸前、娘は10代の反抗期の真っ盛り、そんな険悪ムードの3人は家路に着く。ガンと闘病する母親のバイオレット(メリル・ストリープ)は痛みと戦うことを口実に医者に大量の陣痛剤を処方してもらい、そしてアルコール依存症でもある。毒舌で家族のことばかり罵り、特に長女のバーバラとは犬猿の仲。バーバラは父親の愛を一身に受け、良い大学を卒業して出世していますが、家族には恵まれていない疲れ果てている。次女のアイビーはずっと田舎にいて、いとこのリトルチャールズと恋するも、リトルチャールズがあんまりにも頼りがいがない男性です。三女のカレンは自由奔放の性格で、うさん臭いお金持ちの婚約者を連れて帰ってきた。次女も三女も、優秀なバーバラに劣等感を持ち、姉妹は実は仲が良くないことがわかる。父親は失踪の末、亡くなっていることが分かりました。姉妹3人は今後母親をどうするか相談しないといけません。母親は故意に家族の隠したい秘密をどんどん暴き、人を傷つけてばかりでいる。3姉妹はそれぞれの苦しみを抱えながら、来た場所へ帰っていきます。

感想

この作品はなんといっても名女優達の気迫な演技が見所です。ジュリア・ロバーツもメリル・ストリープも大きく評価され、様々な受賞にノミネートされました。表面上なんとか取り繕っても、人々は皆悩みを抱え、苦しんで生きている群像劇です。そのあんまりの苦しさで、時には明らかに間違っていることもしてしまう、正しいや正しくないでは判断ができない、人間の弱い部分を描いたのは本作の面白さだと思います。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク