容疑者Xの献身

監督:西谷弘

主演:堤真一、福山雅治、柴咲コウ、松雪泰子

東野圭吾の有名サスペンスを映画化したものです。福山雅治と柴咲コウはテレビシリーズの「ガリレオ」から引き継いだキャラクターです。小説や映画、ドラマを見た方も多いかと思いますが、ここでは映画のストーリーを書きます。

堤真一演じる数学教師の石神哲哉は昔有能な数学研究者でしたが、家庭の事情によって研究者を断念して教師となりました。外見が地味で特に趣味も、面白みも、家庭もない男です。アパートの隣室に棲む花岡靖子親子はお金がないながらも、母子家庭で慎ましく楽しく生活しています。ある日、靖子の別れた夫、冨樫がアパートにやってきて靖子に復縁を迫るが、靖子が嫌がり、もみ合いとなった際、事故で夫を殺してしまいます。隣室に暮らす石神は一連のハプニングを聞いて、おおよその事情を把握していました。困り果てた親子に声をかけて、その窮地を救おうとします。石神の指示通りに花岡親子は次の日の夜に外出し、アリバイ作りをしました。数日後警察が冨樫の殺人について事情を聴きにきました。不思議に警察が調べたのは冨樫が死んだ次の日のことでした。当然花岡親子には完璧なアリバイがありました。石神の次々の指示に従うことで、花岡親子は捜査から免れます。警察の捜査を手伝う湯川学(福山雅治)はこの事件を通して、実は昔の学友だった石神と再開することができました。事件に興味を持った湯川学は石神と花岡の近辺をいろいろ調べ始めます。石神は花岡を守るために、花岡靖子のストーカーとなって、靖子に嫌がらせをします。そして、石神は自ら警察に逮捕されるように仕向け、靖子のために自分が冨樫を殺したと自白します。実は警察が発見した冨樫の死体は顔がつぶされ、身分証明書類で冨樫であることを示していました。石神は靖子のアリバイを作るために、わざわざ冨樫が死んだ次の日にホームレスの人に自ら手をかけました。冨樫の身分証明書を置いたため、警察に死体は冨樫であることを信じ込ませました。自分の人生はなんの面白みもないが、花岡親子との僅かな関わりが人生の華となりました。そのために、自分の人生を捧げることも惜しくなかった。しかし、良心の呵責に耐えられず、花岡靖子が警察に自首します。

堤真一の演技がとてもよかったですが、福山雅治演じるガリレオはそんなに活躍していなかったように思います。そもそもこの役は必要なのかと疑問です。テレビドラマで福山と柴咲コウのやり取りが人気だったから、無理やりこの映画にくっつけたような感じです。サスペンスとしてはイマイチだが、人物の境遇や心境で視聴者に共感と同情を訴えるストーリーです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク