サボタージュ/Sabotage

監督:デヴィッド・エアー

主演:アーノルド・シュワルツェネガー

2014年に製作されたクライムサスペンスです。

ジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネガー)は経験豊富な麻薬特殊捜査部隊のリーダーで、これまで数々の功績をあげてきました。チームメンバーは乱暴なくせ者揃いで、リーダーのジョンだけを尊敬し、従います。ストーリーはある麻薬組織への突入から始まり、おとり捜査に入った女性メンバーのリジーとチームメンバーの協力で、麻薬組織のアジトに踏み込むことができました。チームメンバーは麻薬組織のお金1000万ドルを下水道に隠す作業をしてから、警察に突入を知らせました。その日遅くに、チームで下水道に潜り、隠したお金を探すが、あるはずのお金が何者かに盗られました。また、警察組織にもチームがお金を匿ったことを疑われ、メンバー全員が尋問されるが、誰も口を割ることがなかった。謹慎を経て、再び麻薬捜査に向けて訓練し始めるチームメンバーは、立て続け殺されました。中には麻薬組織の復讐と思われる手口もありました。捜査にあたった女性捜査官キャロラインはチームメンバーからの協力を得られないが、証拠を集め、これは麻薬組織による復讐ではないことに気づきました。ジョン達が過去に大金を匿ったことに関連があるではないかと疑う。事件が収拾不可能になり、チームメンバーのリジーとシュガーが豹変し、他のメンバーも次々と殺して行く。彼らはお金がチームメンバーに盗られたと考え、お金を探すためにチームメンバーを殺しました。最後はジョンも殺そうとしたが、ジョンとキャロラインとの決戦で死んでしまいます。

全体的にダークな感じの作品です。アクションよりは、ガンファイトが多めなサスペンスです。また、結構血まみれの過激なシーンも多いです。主演のシュワちゃんは年の割に筋肉は健在、このような上の年代の役にはぴったりかもしれません。他の出演者のまさに狂気かかった演技はなかなかの見物です。クライムサスペンスに好きにはたまらない作品だと思います。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク