96時間/リベンジ

監督:オリヴィエ・メガトン

キャスト:リーアム・ニーソン、マギー・グレース

本作の脚本と制作もリュック・ベッソンです。一作目と同様にストーリー展開が速く、見応え十分なアクションです。

本作は一作目に続いて、アルバニアマフィアとの戦いです。離婚した元妻との関係が少し改善したブライアンはイスタンブールでの仕事ついでに、元妻と娘を誘いました。前作でブライアンが殺した娘を誘拐したマフィアのマルコの父親がブライアンに復讐しようと、本作でブライアンと元妻を拉致しました。今回は拉致直前に、ブライアンは電話でキムに逃げることと、自分の拳銃を届けることを指示しました。拉致の恐怖が蘇ったキムですが、父親の指示に従って、両親の救出のために懸命に行動しました。拳銃を受け取り、マフィアから逃亡したブライアンはキムと一緒にアメリカ大使館を目指しました。ここでのカーレースの見せ場はジェーソン・ボーンシリーズ並みの激しさを見せました。最終的に元妻の救出にも成功したブライアンはマフィアボスと決戦、復讐されたことでまた復讐を重ねること、本当に意味があるのかと問いかける。

一作目の続きですが、今回は娘役にも見所がありました。衰えを見せないリーアム・ニーソンのアクション、本作もまだまだ新しい見所があり、飽きません。


人気ブログランキング

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク